福岡・久留米の産業用製氷機、自動搬出貯氷庫ならアイスマン株式会社(ICEMAN)|製氷機,シャーベット,降雪機,人工造雪機,造雪機,スノーマシン

プレート製氷機

プレート製氷機
Plate Ice Machine

プレート製氷機で作られた氷

多用途のプレート氷は
透明で硬い厚板状の氷です。

プレート氷は水産業でのご使用に最適です。氷質は固く透明、ドライな質感で、フレーク氷等に比べて溶解時間が長くなり、保冷性に優れています。表面が乾いたマイナス温度の氷は、貯蔵する際に氷塊が再結合しにくく、長期間の貯蔵搬送に適しています。製氷機からの排出時に砕氷するため、不規則な形状となります。
*RP型プレート製氷機は受注生産品です。規格化した製氷パネルを複数枚使用して1台で日産1.5TON~日産20TONまでの氷を製造することができます。
*氷厚は製氷タイマーにて調整することができます。 厚さ10~30mm、平面サイズ(3~6)×(6~10)cm程度の不定形となります。
主な特徴
主な用途
設計条件
1. 製氷量は供給される水温と、冷凍機の能力変動によって変化します。
2. 標準電源は3φ-200/220Vです。異電圧仕様として380V,400V,440Vが選択可能です。
3.蒸発器は直膨タイプです。R-404A及びR-410Aでの蒸発温度は-15℃時の能力を基準としています。
4. プレート製氷機は清水専用です。原水に塩分が含まれる場合は、製氷不能になる場合があります。事前にご相談下さい。
5. プレート製氷機は屋内設置が標準仕様です。屋外仕様もオプションで製造可能です。
基本的な屋内設置の構成例(アイスダクト・貯氷庫・鉄骨架台はオプションです)
製品型式
海水フレーク製氷機 製品型式
型式 製氷能力
(ton/24h)
外形寸法(mm) 製品重量
(kg)
運転重量
(kg)
W L H
RP-1.5 1.5 2250 1250 2050 1080 1230
RP-2 2 2250 1250 2050 1200 1350
RP-3 3 2250 1250 2050 1260 1410
RP-3.5 3.5 2270 1620 2275 1620 1780
RP-5 5 2270 1770 2275 1920 2100
RP-7 7 2270 2120 2400 2400 2600
RP-10 10 2270 2620 2550 2900 3150
RP-15 15 5070 2370 2400 4800 5200
RP-20 20 5070 2620 2550 6000 6500
■製氷能力は以下の条件です。
 蒸発温度ET = −15℃ 原水温度 = 15℃ 外気温度 = 32℃
■PHGタイプは仕様書をご請求ください。
*末尾追加記号 C=フロン冷媒 A=空冷 W=水冷 を指します。
*外形寸法は2019年6月時点のものです。予告なく変更になる場合がございます。
*冷凍機を含まない寸法です。
*実際の仕様とは異なる場合があります。詳細は各機種(型式)の仕様書をご請求ください。
*表示の製氷能力は、使用の諸条件により変動します。目安であり氷の生産量を保証するものではありません。
(諸条件の一例:地域の電源周波数・外気温度・原水温度・冷凍機の冷凍能力・製氷設備の設置環境・冷媒配管の距離の長さ等)
標準仕様(設計値)
電  源 3φ 200V/220V-50/60Hz
蒸 発 器 直接膨張式
蒸発温度 −15℃
冷  媒 R-404A/R-410A
使用原水 清水専用
原水温度 0〜30℃  ※1
周囲温度 0〜35℃  ※1
基本設置 屋内設置
※1 原水温度と周囲温度が高温になるほど製氷能力が減少します。
オプション仕様
異電圧対応 380V,400V,440V
設置環境 屋外設置
氷厚さ変更 10〜30㎜ ※2
※2 氷厚さの標準は約12~15㎜です。標準以外の氷厚さを希望の場合は事前にご相談ください。
設置事例
RP-5:表面
RP-5:裏面
屋外仕様(オプション)
プレートアイスの2次砕氷の様子(別途オプションです☟)
プレート製氷機は製氷量と用途に応じて2タイプの型式をご用意しております。
RPタイプ:1.5〜20ton/day 水産用途に適した氷
PHGタイプ:13〜35ton/day 大型製氷・氷蓄熱用途
人工降雪器製品紹介
人工降雪機
フレーク製氷機製品紹介
フレーク製氷機
海水フレーク製氷機製品紹介
海水フレーク製氷機
海水シャーベット製品紹介
海水シャーベット製造装置
プレート製氷機製品紹介
プレート製氷機
大型プレート製氷機製品紹介
大型プレート製氷機
キャタピラ式貯氷庫
キャタピラ式貯氷庫

ページ上部へ