産業用大型製氷機、氷の自動搬送装置、氷の搬送搬出設備の設計・製造をしている、
この分野でのトップメーカーです。漁協・水産加工場・スキー場・化学工場などの
幅広い業界に導入実績があります。

アイスマン大阪製氷所

2020-07-01

2020年 6月1日、

大阪府中央卸売市場内で製氷販売設備の開所式がおこなわれました。

大阪府中央卸売市場様及び多くの関係者様のご協力のもと、

無事にこの日を迎えることができました。誠にありがとうございました。


左から、榎本理事長、山口社長、森中央卸売市場長、アイスマン井植、巽社長、せりちゃん

 

 

 

 

≪製氷設備概要≫
*プレート製氷機(製氷量5トン/日)
*キャタピラ式貯氷庫(貯氷量 約10トン)
*遠隔監視システム設置
*アイスマンオリジナル専用コインで氷販売

 

 

 

 

 

≪設備詳細≫

断面図にあるとおり、1階に貯氷庫、2階の屋上に製氷機を設置しております。
既設の建物を利用し、限られた設置スペースにて製氷設備を設計いたしました。

 

 

 

 

 


製氷所の全体写真です。屋上に少し見えているのが製氷機と室外機です。
氷の無人販売をしています。

 

 

 

 

 


手前の販売機に専用コインを入れて希望の氷量を選択します。

 

 

 

 

 


緑のシュートから氷が搬出されます。
カゴやターレで氷を受けます。

 

 

 

 

 


2階屋上の製氷機と室外機のユニットです。
この箱のような内部では、約30分サイクルでの製氷がおこなわれ、
1階の貯氷庫へと氷が貯まっていきます。
この製氷機では1日に約5トンのプレート氷を製氷します。

 

このプレート製氷機の製氷中の様子はコチラ👉 https://www.youtube.com/watch?v=qp3LaR5v0oQ

 

 

≪氷の購入について≫
氷の購入は、専用コインによる販売で専用コインを事前に購入しておけば、
24時間365日購入可能です。
専用コインは
(株)北部冷蔵サービスセンターで販売しています。
販売時間は8時~14時
お問い合わせは 072-636-2061 まで。

 

 

 


製氷棟は分かりにくい場所にありますが大きい案内看板を設置しております!

 

 

 

 

≪アイスマン大阪製氷所のプロジェクト概要≫

*アイスマンによる設備投資

*既設の建物を流用させていただき氷自動販売設備を導入

*24時間無人での氷の自動販売が可能

*氷販売管理を市場の管理センターへ協力依頼

*機器類のメンテナンス料、水道料、電気代は市場様負担ゼロ(市場様にとって低コスト実現)

*遠隔監視システムでリアルタイムの異常確認ができ、トラブルへの迅速な対応が可能

 

 

このプロジェクトは、
1.千葉県の九十九里製氷所
2.静岡の熱海製氷所
3.大分の佐伯製氷所
そしてこの大阪製氷所で4カ所目の導入実現となりました。

 

 

『氷は欲しいけど設備導入のコスト的に厳しい・・・』

『角氷施設は人件費がかかる・・・』

『製氷施設を建てるはいいけど維持費や修理費がかさむ・・・』

などのお悩みをもたれている水産関係の方は多いのではないでしょうか。

その悩みをなんとか解決できないかと思案した結果、

この投資プロジェクトを発動し実現してまいりました。

 

製氷メーカー業界ではおそらく初の試みです!!

 

他のページでこのプロジェクトの質問集を
まとめておりますのでぜひご覧ください👉 https://iceman.co.jp/info/1862/

※このプロジェクトは厳正な事前審査・基準があります。
詳細はアイスマン営業部までお問い合わせください。

スラリー製氷機製品紹介
スラリー製氷機
人工降雪器製品紹介
人工降雪機
フレーク製氷機製品紹介
フレーク製氷機
海水フレーク製氷機製品紹介
海水フレーク製氷機
大型スラリー製氷機紹介
大型スラリー製氷機
プレート製氷機製品紹介
プレート製氷機
大型プレート製氷機製品紹介
大型プレート製氷機
キャタピラ式貯氷庫
キャタピラ式貯氷庫

ページ上部へ