福岡・久留米の産業用製氷機、自動搬出貯氷庫ならアイスマン株式会社(ICEMAN)|製氷機,シャーベット,降雪機,人工造雪機,造雪機,スノーマシン

フレーク製氷機

フレーク製氷機
Flake Ice Machine

フレークアイスの写真

フレークアイスは
マイナス温度の
薄いサラサラの氷です。

フレークアイスは表面積が大きいので、対象物を早く冷却できます。特に水に溶かして急冷する用途に最適です。氷はフレーク状なので、直接冷却物に掛ければ隙間に入り込み、周囲の熱を遮断します。これにより氷温保持効果が得られ効果的です。-25℃で瞬間製氷していますので採れたての野菜を瑞々しく保冷し、サンマ、鮎などの傷つきやすい魚種の保冷に優れています。
主な特徴
主な用途
設定条件
1. 製氷量は供給される水温と、冷凍機の能力変動によって変化します。
2. 標準電源は3φ-200/220Vですが、異電圧仕様として380V, 400V, 440Vが選択可能です。
3. フレーク製氷機は清水専用です。原水に塩分が含まれる場合は海水専用機をご検討ください。
4. フレーク製氷機は屋内仕様です。屋外仕様の場合はご相談下さい。
5. 蒸発器は直膨タイプです。R-404Aでの蒸発温度は -25℃を基準にしています。
標準的な構成例
標準仕様
フレーク製氷機 製品型式
型式 製氷能力
(ton/24h)
必要冷凍能力(kW) 外形寸法(mm) 機械重量
(kg)
運転重量
(kg)
L D H
WR-100 1 5.5 800 720 710 130 133
WR-200 2 11.0 720 870 850 220 224
WR-300 3 16.5 720 870 1050 260 265
WR-500 5 27.5 1090 1280 1470 340 347
WR-700 7 38.5 1260 1700 1820 660 673
WR-100F 10 55.0 1350 2300 2000 1350 1377
WR-150F 15 82.5 1650 3000 2350 3100 3300
WR-250F 20 110.0 1850 3000 2250 1850 1887
WR-300F 30 165.0 2000 3000 2500 2300 2346
■必要冷凍能力(kW)は以下の条件です。
 蒸発温度ET = −25℃ 凝縮温度CT = +35℃ 原水温度 = 15℃
*製氷能力は、地域の電源周波数、冷凍機冷凍能力や周囲温度等の違いにより変動します。
*実際の仕様とは異なる場合があります。詳細は各機種(型式)の仕様書をご請求ください。
*冷凍機を含まない寸法です。
標準仕様
電  源 3φ 200V/220V-50/60Hz
蒸 発 器 直接膨張式
蒸発温度 −25℃
冷  媒 R-404A/R-410A
使用原水 清水専用
原水温度 0〜30℃ *
周囲温度 0〜35℃ *
基本設置 屋内仕様
*原水温度と周囲温度が高温になるほど製氷能力が減少します
オプション仕様
異電圧対応 380V,400V,440V
設置環境 野外設置
フレーク製氷機 設置事例
WR-250F
WR-250F(内部)
製氷ユニット+プレハブ貯氷庫
WR-250Fユニットタイプ
ミクスチャーアイスメーカー製品紹介
ミクスチャーアイスメーカー
人工降雪器製品紹介
人工降雪器
フレーク製氷機製品紹介
フレーク製氷機
海水フレーク製氷機製品紹介
海水フレーク製氷機
海水シャーベット製品紹介
海水シャーベット製造装置
プレート製氷機製品紹介
プレート製氷機
大型プレート製氷機製品紹介
大型プレート製氷機
氷搬送システム製品紹介
氷搬送システム
氷販売システム製品紹介
氷販売システム

ページ上部へ